<   2016年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

政治

熊本の地震が大変な事になっている。人びとの耳目が集まるのは当然のことだ。私は政府の対応が理解できなかった。だが今週末、北海道で行なわれる選挙のことで頭が一杯な人達がいることに気がついた。
[PR]
by nhsmt | 2016-04-19 08:41

人口知能

コンピュータの人工知能が世界最強と評判の棋士に4勝1敗だったというのが話題になった。
碁も将棋もからっきしなボクが論評できるわけでもないのだが、そのシステム制作にかかわったという若者の話が面白かった。
「結局言葉なんです」と彼は言っていた。
膨大な棋譜のデータをインプットしさらにプロの棋士たちから教示してもらった碁に勝つためのあらゆる着想を人間の言葉からコンピュータの言葉に翻訳してインプットする。そして実際に稼働させながらチューンナップしていくわけだ。
だが、チェスや将棋とちがって碁の人工知能は全然強くならなかったらしい。
考えあぐねた末にたどり着いたのはプロ棋士がよく口にする「この辺の模様がいいね~」とかいう曖昧な表現だったという。だがこれはコンピュータの言語にどうしても翻訳できない。そこで彼は画像をそのままインプットすることを思いついたというのだ。
最後に「人工知能が人間を支配する可能性がありますか?」という記者の質問に「それは全くありません。だが人工知能を利用して人間が人間を支配する危険は大いにあります」とキッパリ!

話しは飛ぶが
「人間機械論」というのを思い出した。
機械は人間が作ったものである。だが手や足つまり人間の身体の単純な延長である「道具」をこえてそれ自体がシステムである「機械」という着想を人間が持ったときその着想のあまりの素晴らしさに「人間も機械である」という倒錯におそわれたのではなかろうか。
さらに飛んで
「神」も人間の作ったものと言ったら顰蹙をかうだろうか?
これもうろ覚えだがスピノザの「エチカ」は神の存在を論証するとうい仕掛けになっていたと思う。
「論証」という着想のほとばしりによってあらゆる事象が次々に絶対者の存在を証明していく仕掛けになっているのだがそれが行き着いたのは実は「人間の自由」だった。
「神」が人間の姿をしているのはそのためであろうか?
それを否定する宗教もある。視覚的に神をイメージすることはできないと考えるのであろう。絶対者が人間の姿をしているなどありえないというのだ。ではどうして人間は神を知るのかそれは言葉によってであるという。
「言葉」とは何だろう。
これも人間の作ったものだ。

こりゃ相当こんぐらがってきたな・・・!!
[PR]
by nhsmt | 2016-04-13 19:02