<   2011年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

忘れる、疲れる、小便ちびる

老人ばかりの高円寺市会大市がようやく終わる。
さすがに今年はくたびれた。
市場の仕事は99パーセント肉体労働。
みんなヨレヨレなのだが、口だけは異様にハイテンション、
だから若いもんが寄って来ない。
と言うわけで滅亡まっしぐら、
将来展望まるでなし、
それでも楽しくやっているから不思議なもんだ。
[PR]
by nhsmt | 2011-11-23 17:30

朝霧

濃霧の朝、
今日はよい天気になるな。
[PR]
by nhsmt | 2011-11-07 07:01

攘夷

TPPの喧騒を見て、幕末期の攘夷運動の熱狂を思う。
西欧帝国主義への抵抗運動としての攘夷が開国から帝国主義列強入りと展開。
グローバリズムの破綻に戦争による帝国の再編と言う解が最早ないとなれば、世officematsunagaのtwitter界革命による資本主義システムの転換しか思いつかない。非暴力と反前衛主義による革命⁈
[PR]
by nhsmt | 2011-11-05 08:15

覚書

歳のせいかよく忘れる、忘れたことも忘れる。
そのまま滞りなく時が流れていくのなら幸せこの上ないが、世の中そう甘くもない。

というわけで、今朝方の夢うつつに思いついた事を書いておこう。

この頃、「3.11以後」とか「震災以後」とかいう前フリの語りをよく聞くがあまり合点がいかない。

生きているものがいずれ死ぬことだけははっきりしている。
「人間は犬に喰われるほど自由だ」と「メメントモリ」で藤原信也は言った。
その様な死は瞑目して受容れるしかない。

イラクに派遣されていた自衛隊員で帰還後自殺した人が数十人もおり、
アメリカではイラクとアフガニスタンで戦死した兵士より帰還後自殺した者の数の方がはるかに多いと言う記事を読んだことがある。
神話化されることを徹頭徹尾拒否するこのような死に歴史は直面している。

歴史とは人間と人間との間に流れている時間の事なのだ。
[PR]
by nhsmt | 2011-11-01 06:25