<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アイ・ウェイ・ウェイ

展見物に六本木まで出かける。
横溢するエネルギーを想像していたのだけれど、
全然そうじゃなかった。

北京の何とか言う大通りの映像をその騒音とともに30分以上ボーッと眺めていたら、
静謐な時間の深海へ次第に沈んでいくようなふしぎな気持ちになったのだった。

アーカイヴスの写真集を繰っていると「死体派」とかいうアーティスト達の相当にグロイやつまであったのだが
むしろ爽やかに感じたのはなぜだろう・・・?

魯迅を読んだ時の感覚と同じだなと思った。
[PR]
by nhsmt | 2009-09-24 18:27

朧月夜

少し暑いなとおもって窓を開けたら
春日神社の大杉の天辺に朧月が懸かっている。

昨日は何もかもが癪に障って一日中イライラして夜もろくに眠れないほどだった。
今日は朝からわけも無く上機嫌で夜更けまで月など眺めてニヤケテイル。

こういうのは歳のせいだというのが最近やっと分かってきた。
[PR]
by nhsmt | 2009-09-06 01:17

台風一過

乾燥した風が心地よい。

選挙によって国家という不可視なシステムの時空に何らかの政治的切断がなされたのだとすれば、
もしかすると我々が実感している以上に画期的なことが起きたのかもしれない。

私の年齢にほぼ一致する「戦後というシステム」はとうの昔にその歴史的使命を終えながらもノスタルジーと腐臭を放ちつつ延々と生きながらえてきたのだった。
果実は熟し、鳥についばまれ虫に食われそして腐ってついに地に落ちた。

政治的切断とは不可逆的な選択がなされたということである。
もはや戻ることはできないのだ。

新しいものは何も見えていない。
暫しの無政府的安穏を愉しもう。
じきに血みどろの抗争がはじまるのであろうから・・・・。
[PR]
by nhsmt | 2009-09-01 17:36