<   2008年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

市場

今朝、事務所の気温は10度をきっていた。
エアコンではぜんぜん温まらないので石油ストーブを持ち出してくる。
原油暴落と円高のおかげで心置きなく使えるが、韓国など通貨の暴落している多くの国々ではさぞ難儀な話であろう。
オーストラリア在住の日系の方から膨大な蔵書の整理を仰せつかっているのだけれど、この方は貿易を生業にしているのでこの間の為替の乱高下に四苦八苦していると言う。
オーストラリアドルは日本円に対して暴落しているので日本で処分した蔵書の価格は相対的に高くなり喜ばしいのだが、日本からの輸入価格は暴騰してほとんど商売にならないらしい。
他方日本に輸出していた物が高級食材であったために相対的に格安になったにもかかわらず景況感悪化でこれまたまったく売れなくなってしまった。
これまでは毎月のように来日していたのが次に何時いけるか分からないまでに窮迫しているとの連絡が来た。
このようなことはいわゆる実体経済の需給関係とは無縁の力学によって支配されているのである。
為替の変動は購買力平価とは無縁の資本の論理に支配されておりこれは需給曲線から導き出される均衡価格とはまったく乖離してしまっている。
前にも言ったが、「市場」という言葉で我々は「売買」と「貸借」という本来まったく違った人間の経済的関係性をいっしょくたに混同してしまっているのである。
金融破綻以降評判の悪い「市場経済至上主義」だがここでも売買にかかわる市場と資本の市場(貸借)とを混同してしまうのは非常に危険である。
本を売買する商人として私はある意味で市場経済至上主義者である。
自由と平等に基づいた市場こそは条件でもあり目的でもあるのだ。
他方、資本市場がゼロサムだと言われるのはそれが本来貸借関係によって成立している以上、いかに複雑で巨大な構築物を形成しているとしても貸借関係の解消は原理的にゼロとなる。
信用収縮とは理念としてはそのようなものである。
実際にゼロにまでいたらないのはいわゆる経済の粘着性といわれる「現実」の奥深さがあるからなのだろう。
[PR]
by nhsmt | 2008-11-24 17:40

相撲

夕方、大相撲の九州場所を見ていてオヤっと思った。
結びの一番の時点で観客席がガラガラなのである。
ざっと見た感じで全体の三分の二は空席のように思えた。
子どもの頃から相撲をテレビ観戦しているけれど記憶にあるのは満員御礼ばかりで、こんなのは初めてである。
さまざまな事情で相撲人気が低落しているのは確かなのだろうが、
これは最早一時的な事態ではないなと感じた。
どのお相撲さんもまったく元気が無い、この有様では元気が出てくるわけは無いのだ。
このような事態に暗澹たる行く末を予感している相撲関係者は大勢いるに違いない。
あらゆるところで同じようなことが起こっているのではないか?
今、世界で何が起こっているのか?
アメリカの自動車産業のことを想起してしまった。
イギリス国民の五人に一人は金融関連の職業で暮らしていたというのにもびっくりする。
世界的な信用収縮が人々の生活にどれ程の影響をもたらすのか想像もできない。
恐慌が戦争の導火線となってしまうというのが理解できるような気がしてくる。
[PR]
by nhsmt | 2008-11-13 00:10

今朝の青梅は冬の寒さだった
いつの間にか北風の季節になっていたのだ
おかげで仕事場からのかへり道、
奥多摩の山々の上に広がる夕暮れの天空は雲ひとつ無く
赤みを帯びた山際からしだいに暗くなっていく見事なグラデーションのなかに
今落ちようとする鋭い三日月とすぐその右上の金星と東がわ上空に少し離れた水星とだけがくっきりと輝いていた。
このように彼らを見たのは初めてである。
ほかの星たちはまだまったく見えていない薄暮の大空に月と金星と水星と地球の影だけが眺められた。
君たちはここから見るとこんなにも美しいんだよと言ってやりたくなる。

だが、宇宙における月と惑星たちと我々との位置関係が今の我々が知っているようなものであると了解されたのはそれほど古い事ではないのだ。
[PR]
by nhsmt | 2008-11-01 18:15