<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

風邪

このところの急激な冷え込みで早速風邪をひきこむ。
鼻水からはじまってのど、気管支、肺とわが血類の弱点がさんざんにいたぶられ、
新聞をみても活字がグニャグニャに見えるわ、
激しい耳鳴りで体温計のピッピという音もまるで聞こえない。
熱はさほどでもなかったが何もする気がしない一週間だった。

昨日あたりから気力は大分回復してきたけれど視力と聴力は確実に低下している。
お袋は五十代からひどい耳鳴りの持ち主だったし耳も遠かったからこれは遺伝だろう。
親父は五十一才で結核でなくなっているのでこちらの遺伝的データは全くない。
父方も母方も私の男系は皆短命だったらしい。
長兄が今六十五歳で、おそらく我が男系の長寿記録保持者なのである。
[PR]
by nhsmt | 2007-11-25 16:51

黒船

1853年黒船来航とあるから
まだ150年しかたっていないのである。
そのころ日本は尊皇攘夷の血なまぐさい熱狂の中にいた。
1962年生麦事件
1963年薩英戦争、下関戦争
1967年大政奉還の後1968年に神戸事件が起きている。
わずか十数年の間に「攘夷」の熱狂は「開国」の奔流へと
力ずくで転変したのである。
その後
日清・日露戦争と第一次世界大戦をへて帝国主義国家の一員となった日本は1945年に再び敗北を味わった。
二度の敗北には高杉晋作や白洲次郎のようなそれを受け入れるに際して矜持を失わなかったまだ相当にカッコいい日本人たちが確かに居た。

そして「歴史は反復する、一度目は悲劇として二度目は喜劇としてそして三度目は・・・・」という言葉を思い出す。

このところの日本の政治風景は近代日本の敗北のトラウマを茶番として反復しているのではないかという思いにかられてしまうのである。
世界の状況は150年前とも第二次大戦へと落ち込んでいく70年ほど前ともまったく違っているのではあるが・・・・。
[PR]
by nhsmt | 2007-11-06 18:11