<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

貸借

複式簿記を少しかじる。
借方、貸方というあれである。
たいていの入門書には借方、貸方という言葉にこだわらずに先に進めと書いてあるのだが
私はそこにこだわって先に進めないで居る。

複式簿記という方式はルネサンス期のイタリア商人たちが考案し使っていたものをパチョーリという数学者が15世紀の中葉に定式化したものらしい。
600年も前に考案された方式がほぼそっくりそのまま現在に生きているというのは驚くべきことだ。

パチョーリ「簿記論」の冒頭にいわく
真の商人にとって不可欠な条件として最も大事なものは元手としての財産である。
そして次に必要なのは各取引を秩序正しく整理し記述するための方法であり、それは債務と債権との秩序だった記述ということである。と

只ならないのは「商取引」を商品の売買であるとは考えていないことである。
ここでは売買は貸借関係(債権・債務関係)の一形態に過ぎないのであり
「商取引」をトータルに理解する概念はあくまで貸借なのである。

ルネサンスのこの時期はメディチ家のような大金融業家の出現した時代である。
商業と貨幣経済の隆盛の中から「資本」がはっきりと姿を表わしはじめた時代なのである。

「資本」は債務であるというのは全く正しい。
その意味では貨幣も債務でありそれ自体が銀行の発行した借用証なのである。

したがって「取引」の記述にあたって最初に記されるべきは
その元手である現金や財産が通貨に換算された価格で借方に記述され、
その貸方には同額が資本として記述される。
元手(資本)は同じ所有者のもとにあってもすでに貸借されたものと見なされる。

少し飛躍するが通貨、国債、株式のようなあらゆる証券、
はてはこの頃話題のサブプライムローンのごとき金融派生商品といわれるものは実は全て借用証なのである。
これらの借用証の取引(貸借関係)を売買と表現する様になったのはいつごろからだろうか?
銀行が預金を募集するときでさえ販売するなどといっている。
ここにはある種のごまかしがあるように感ずる。
売買という交換の形態は瞬時に行われるものであって、
売り手と買い手の双方にこれを拒否する自由が保証される限りこれは等価交換である。
逆に言えばこのようなものを等価交換というのである。
だが貸借という交換形態は瞬時に行われるものではない。
貸借は決済されることによって一つの交換として完結する。
貸借という交換形態はその中に時間を取り込むことによって不確実性を抱え込んでしまっているのである。
貸借とは等価交換であることを保障できない交換形態なのである。
貸借を売買と言い換える意図はここにあるのかもしれない。

それにしても、複式簿記に数学者の美意識を感じるのは借方と貸方の全ての合計の差し引きは必ずゼロになるという仕掛けである。
世界の金融市場がゼロサムであるというのはこういうことなのである。
[PR]
by nhsmt | 2007-09-24 18:58

お婆ちゃんの家

昨日は敬老の日
そろそろ仲間入りだからと言うわけでもないのだが
テレビで「おばあちゃんの家」という韓国映画を見た。
山村で一人暮らしのおばあちゃんのところへ預けられた十歳くらいの少年とおばあちゃんとの話である。
記憶のさらにその奥の原風景のように静かでなつかしい映像だった。
年のせいかやたらに涙もろくなってしまった。
[PR]
by nhsmt | 2007-09-18 16:58

等価交換

つづき

捨てられるべきゴミの中から一束の資料が救出され
市場に陳列される。
それを落札した古本屋が新たな顧客をみいだし売却する。
仮に最初の古本屋が旧蔵者からそれを¥500-で買取り、
市場でそれが¥3000-で落札され、
最終的に¥30000-で売却されたとする。
この一連の過程では3回の売買がなされている。
同じ一つの品物が¥500-、¥3000-、¥30000-で次々に売買されたわけだが
この3回の取引はいずれも完全な等価交換なのである。

ここにはほぼ完璧なシーラカンスのような「市場」が見出される。
これほど透明で相互の自由意志に基づいた取引は現代社会のどこにも見当たらないと思えるほどである。

交換の可能性において必要なのは
実は客観的な価値の尺度ではなく
交換を行う主体相互の自由の保障なのである。
自由が市場を可能とする。
発生論的に言えば「自由は市場から生まれた」というべきかも知れない。
共同体から産出された余剰生産物は共同体の外部にその交換の場として市場を形成する。
この市場が都市へと発展したのである。
自由は共同体と共同体との狭間からすなわち市場から生まれ落ちたのだ。
市場は自らの可能性として自由を産出したのである。

現下の経済社会を評して市場経済至上主義などというが
本来のあるべき市場などは何処にもないのである。
「資本の専横」を「市場の調整」などいうのはとんでもない詐術である。

今日の青梅の空は美しかった。
今年、最初で最後の本物の夏空であった。
[PR]
by nhsmt | 2007-09-09 00:43

労働価値説

昨日の都心には台風の余波か
吹き出した汗がねっとりと纏わりついてくるような重たい空気が充満していた。

このところ神田の資料会も低調である。
とにかく出品の絶対量が少ない。

私は誰も札を入れていないものを買うのが好きだ。
需要の確定しているものを問答無用の値段で競り落とすのも悪くはないが、
錚々たる目利き達が眼もくれないもののなかに価値を見出すことほど楽しいことはない。
ごみの束の中に戦後日本の骨格をつくろうとしていた下級官僚たちがつくったガリ版200頁ほどの資料を発見、
私はこれを3000円ほどで入手した。
売値は2万から3万円というところか。
仮に3万円で売れたとすると私は27000円の新たな価値を世界に出現させたことになる。
このガリ版刷の資料は戦後日本をつくり出そうとしていたおそらくは若い官僚の努力の結晶として最初の社会的価値をそのささやかな俸給として実現し、
そしてその役割を一旦は終えたのである。
それから60年を経てコイツは運良く捨てられることなく古本屋によって拾われ市場に復活したのである。
最初これを古書市場に出品した業者が落札価格の3000円から仕入原価を差し引いた額の付加価値をまず実現し、
次に私がコイツを30000円で売ることができればその仕入原価を差し引いた27000円の新たな付加価値が人類社会に実現される。
古本市場のこの一連の全過程が30000円の新たな価値を世界に実現したのである。

労働価値説の本来的なラディカリズムは
30000円という実現された価格の内の27000円は私の労働の価値に等しいということの論拠を提出することではないのであって、
このガリ版刷の資料を作成すること、
眠っていたそれを見出し市場に出品すること、
これを落札し値段をつけること、
そしてこれを30000円で買う人が居ること
この一連の過程が人間の行為によって満たされているということの発見と認識にあるのである。

このような「価値」実現の過程はそこに参加するものに喜びをもたらすものである。
だが取引がいつも人々に幸福をもたらしてきたわけではない、
買った方であれ売った方であれ何か損をしたような気持ちになってしまうことがあるものだ。
今やそのような気分が世界中に蔓延しているような気さえしてくる。
なぜそうなってしまうのか・・・?

400年ほど以前に経済学とともに産まれた労働価値説が死語となってすでに久しい。
労働価値説では世界経済の動向を説明できないからである。
「現実」を説明できない仮説は失敗とされる。

われわれの現実としての資本主義の世界体制は資本の論理を動力学として動いてきた。
資本は利潤を目的とする。
資本が利潤を求めて容赦なくその本姓を貫徹するとき、
利潤と価値とのはげしい乖離をもたらしてしまう。
「経済」を自然科学が対象とする「自然」のごとく看做すのは間違っているだろう。
人間は自然の一部であるが自然は人間の作り出したものではない。
他方経済は人間の創ったものでありアプリオリに存在するものではないのである。

時代のカオスから結実した直感が400年を経て形成された支配的イデオロギーを打ち砕くとしても全然不思議ではないのである。

今、台風がここを通り過ぎようとしている。
[PR]
by nhsmt | 2007-09-07 01:53