<   2005年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

風邪

高校生の娘がもらって来た風邪を
女房からひきついで今日は朝から自宅療養である。
来週からは即売展、大市週間へとつづくのでなおしておかないと大変だ。
年のせいか本当に体力がなくなってきた。

昨日は大市の目録の校正で武蔵堺へ出かけた。
三十分ほど早く着いてしまったので駅前の文教堂で「風味絶桂」を立ち読み。
第一編だけだが確かに風味絶桂、コレだけで満足。
たくさんは要らない。

本屋からでてくると駅前でアルトサックスの演奏をやっていた。
年の頃三十なかば、そう若くはない背広姿の人士。
傍らでは伴侶とおぼしき女性がCDを販売。
二十人ほどの人たちが囲むように演奏に聞き入っていた。
十分ばかり優雅な時間を堪能。
ふと、かの二人はどんな日常を過ごしているのだろうと思った。
[PR]
by nhsmt | 2005-10-29 17:22

青空

雲ひとつない青空。
絶好の運動会日和となってしまいました。

ヴァーチャルではなくホンマモンの運動会に隣り組長として参加。
朝七時半、自治会館に集合。
子供たちが十数人とお母さん方数名、それに平均年齢六〇ン歳の役員など十人ばかり、総勢二十数名。
今日は少ねえな、昔は百人以上集まったもんだ、など言いながら近くの中学校のグランドへむかって行進だ。
行進の先頭は、太鼓を積んだ軽トラックが先導。
でかいスピーカーからは勇ましい軍艦マーチがまだ覚めやらぬ日曜日の町に響き渡る。
町内会の奇妙な旗印を先頭に二十数人の老若何男女は出征兵士を送り出す列のように力なくとぼとぼとつづくのであった。
中学校のグランドへは、参加する周辺九つの町内会がそれぞれ隊伍を組んで集まってきたのである。

走るのはとても無理なので私は玉入れに出場。
一緒に参加した爺さんいわく、「去年は一個差で大門に負けて二位だった。
一人二個入れれば絶対に勝てる」のだ。
私は確かに三個は入れたのだが、わが野上町は三位であった。

夕方に仕事が入っているのでと言い訳して午後はかんべしてもらった。

運動会は五時まであり、それから「反省会」としょうして自治会館にて酒盛りが深夜までつづくのである。
もちろん、午前中から酒盛りは始まっているのだが・・・。
[PR]
by nhsmt | 2005-10-23 14:37

大市

出品目録の入力をやっている。
こりゃ大事だ。
この前はオヨピーにやってもらったんだが、
二度とやりたくないといっていた。
さもありなん・・・エライ肩コル。

五百点以上集まっている。
ある所にはあるんだな。
原稿やら額やら肉筆ものが相当ある。
結構な出来高になるかもしれん。

商品の動くスピードを上げていかないといけないのだ。
所有することは何の付加価値も生み出さない。
商品を動かすこと、次第に速く・・・。

売買は富を平準化し、
投資は富を偏在化するというのは数学的真理らしい。
[PR]
by nhsmt | 2005-10-21 08:42

こみゅーん

そろそろ老後のことを考えんといかんなー
というか死んだ後どうするかって事もだ。

古本屋は八十才でも九十才になってもつづけられる(しかない?)いい商売だと思っていたが、
よく考えてみるとそれも運良く跡継ぎに恵まれた場合だけだと言うことに気づいた。

古本屋どうしのある種の共同性が必要だな。
古本屋は「市場」にしろ「即売会」にしろ協同でことを行うことで長年培ってきたあるしゅの共同性をすでにもっている。
いろいろ可能性はありそうだ・・・。
[PR]
by nhsmt | 2005-10-07 17:04