<   2005年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

逃散(ちょうさん)

増税をめぐる討論番組で政府税調の石さん曰く、
生まれたばかりの赤ん坊も含めて国民一人あたり600万円の借金がある。
これをどうするか国民の皆さんに相談したい、だと。
対する金子勝、
国民からとる前に空前の利益を揚げている企業からとるのがすじだ。
石、
そんなことしたら企業は競争力をなくすし、その前に日本を逃げ出すだろう、とポロリ。

これは何を意味するのか?
わが国民国家が崩壊の危機に直面していると言うことである。
いやむしろ、国民国家の存在意義がすでになくなっていると言ったほうがいいのかもしれない?
企業が発展することによって人々が潤い、さらに国家が所得の再分配機能を発揮することによってほとんどの国民が自らを中間層と感じうる奇跡の発展を成し遂げてきたのだという幻想が存在していた。
国家という枠組みから考えると、これは戦後日本のみならず、明治維新の富国強兵の時代から一貫してつづいてきた道程なのだ。
さらにいえば西欧諸国も同じ道を先んじて歩んできたのだと言えないか?

国民国家とはなにかと言うことについては膨大な分析や論考が存在する。
文化や歴史やどれほど多くのものが積み重なっていようと経済的基礎の崩壊は同じ形態での存続の不可能を宣告する。
ヨーロッパはすでに国民国家のアンチノミーから抜け出すためにEUという冒険に乗り出している。
我々に可能な道は国民国家の枠組みを突破することを選択するか、そこから逃げ出すかだ。
いずれにしても結果は同じである。

若者たちはすでにどんどん国家(社会)から逃げ出している。
ちゃんとした職(?)に就かない、年金を払わない、税金を払わない、選挙に行かない、反社会的である、無気力である、引きこもりである、犯罪を犯すなどなど・・・。
国家とは地理的概念でも空間的概念でもない、
吉本さん風にいえば共同幻想である。
そんな幻想はもはやどこにもみあたらない。

そういえば、日曜日の朝、他の番組で西部すすむ、松本健一、中曽根大勲位が「靖国問題」をやっていた。
現実の国民国家が空疎になればなるほど、駄々っ子のように国家を語る西部さんが僕は嫌いではない。
浪漫派がプラグマチストであるはずはないのだ。
一方、大嫌いだった大勲位にも昨日は感心した。
それは権力を離れた保守主義者が透徹したプラグマチストの眼を獲得していたからである。
松本健一はやはり良識の人だった。

ここで私も考える、
人生五十余年、逃げに逃げてたどり着いたのが「古本屋」であったな~と。
実は、当ブログの「古本経済学」とは古本をめぐる経済活動(古本屋で飯を食うこと)が言ってみれば国家(社会)内長征=逃散へと発展しうるのではないかという幻想に発する。
一時、柄谷行人さんの地域通貨運動に接合できないものかと試みたこともあった。
かなり期待してあれこれ折衝していたのだが、丁度そのころから通貨運動はおかしくなりはじめ、いつの間にか雲散霧消していた。
以来、柄谷さんも元気がないようだ。

「逃散同盟」でも発足しようか・・・。
「方法としての逃散」、三十六計逃げるにしかず・・・。
主旨は全ての逃亡者が首尾よく逃げおおせることを援助するにある。
すべての人間が逃げてしまえばこれは革命ということだ。
[PR]
by nhsmt | 2005-06-27 19:07

近代の超克

「近代の超克」(冨山房百科文庫)をあらためて読んで見た。
ついでに広松渉の「<近代の超克>論」も読んだ。
たしかに売れないはずだ。(当店在庫長期滞留)
かねてより思い込んでいた以上に空疎であった。
何度も繰り返し問題にされてきたことが不思議に思えてしまう。
戦争という時代の流れのなかで「当代一流の知識人」があらゆる意味でいかに無力であったかを知る上では貴重な資料かもしれないが・・・・。
戦争のような激烈な社会的出来事が徹頭徹尾形而下的力学によって生起するのであってみれば、形而上学の無力は初手から決まっている。
そういえば竹内好「方法としてのアジア」なども今となってはなつかしい論考だ。

ところで、NHKテレビで「人口減少」をテーマにした討論番組をやっていた。
その最後の30分ほどしかみていないのだが、ちょうど外国人労働者の受け入れを問題にしていた。
賛否、3対7ぐらいだったろうか。
賛否はともかく、マネーと資本のグローバリズムを強引に促進するかたわら、労働力の移動は国家の名においてコントロールするというのは無理が通れば道理が引っ込む話である。
強制連行という原罪をひきずりながら、今度は人口減少に対応するため外国人の受け入れを国策として問題にするとは何とも脳天気な話だ。
だが実際には外国人労働者の受け入れは成り行きまかせの役人の裁量というわが国得意の無責任体制下でずっとおこなわれている。

人間は己の意志によって行動する権利がある。
それを阻害する者はやがて罰を受けるに違いない。
[PR]
by nhsmt | 2005-06-26 18:44

中国

ドル通貨体制の維持とITによる金融グローバリズムによってかろうじて見かけ上の世界経済の牽引車を演じて来たアメリカ経済に、ドルを相対化する通貨としてのユーロと中国に象徴される新たな巨大市場の出現とが21世紀の歴史の幕開けを告げるものとして立ち現れてきた。
帝国の時代から多極化の時代などと言われているが、かつての帝国主義戦争の時代のように列強がブロック化して覇権を争うといった歴史の反復ではなく、かつては列強の覇権の場であり一方的に辛酸をなめてきた旧植民地の国々が21世紀の新たな主役として登場してきたのである。
中国はその象徴であるにすぎない。
かつてアメリカの裏庭といわれた中南米ではアメリカのプライドを傷つけないように注意しながら、その支配からの自由を手に入れるほどにまで自立していることを物語るニュースが山ほどある。
先般決裂に終わったNPT(核兵器不拡散条約)をめぐる国際会議で各国が演じた役回りは、シェークスピアの一幕のように21世紀を予言する傑作な顛末であった。
核兵器については、己のフリーハンドに固執するアメリカが最大のトラブルメーカーであり、尚かつその事について唯一の被爆国である日本を筆頭に西欧諸国はいかなる役割もはたせないことが暴露された。
核兵器と核技術とを占有しつづけたいという本音が伏在しているかぎり新興諸国を説得することはできないだろう。
指導的役割を演じたエジプトやブラジルなどの主張は実に単純明快であった。

政治や経済の表層で繰り広げられるゲーム論的駆け引きの深層に伏在する地殻変動に注意するべきである。
中国がエネルギーを横溢させて来たように、朝鮮半島で統一への熱情が噴出しているのは歴史の当然の帰結である。
脱亞入欧の百年によって繁栄を手にしてきた日本が隣人の勃興をどう受け入れられるのか?
「近代の超克」や「大東亜共栄圏」は何だったのであろうか?
[PR]
by nhsmt | 2005-06-21 18:37

通貨

1971年のニクソン・ショック以降、1985年のGファイブによるプラザ合意などの一連の通貨を巡る決定によって事実上のデフォルトに陥っていたアメリカ経済はその度に借金を帳消しにするのと同等の金融操作によって窮地を凌いできた。
ぼくが子どもだった頃、1ドルは360円で固定されていた。
現在、ドルは対円でその三分の一の価値もない。
このことはそれだけの富が日本からアメリカへと移転したのだと考えてもそれほど間違ってはいないだろう。
この所、中国元の切り上げがしきりに取りざたされている。
いずれにしろ、実体経済の競争力という観点からすると第二次大戦後のアメリカの時代は1970年代に既に終焉したと見るべきではないのか?
にもかかわらず、それ以降もアメリカは世界経済の牽引車だとずっと言われ続けてきた。
事実、一時ナンバーワンなどといわれた日本を筆頭に世界の国々はアメリカへ輸出する事によって経済の活力を生み出してきたのである。
アメリカは巨大ゴミ焼却場のごとくに世界中の富とマネーとを吸引し続けてきた。
なぜこの様なことが可能なのか?
それは第二次大戦後のブレトン・ウッズ体制がニクソン・ショックによって崩壊した後もドルが事実上の世界通貨だったからである。
水があたかも低いところから高いところへ流れる如く、アメリカへ富が流れ込んでいくこの構造にたいする危機感からドルを相対化しうる通貨としてユーロが構想された。
ヨーロッパ大陸の合理主義的伝統が生み出したともいえるユーロも、このところ現実利害の政治力学によって翻弄されているかに見える。イギリスと大陸ヨーロッパとの方法における伝統的対照は未だにいきているようだ。

日本の国家財政が700兆とも800兆ともいわれる赤字を抱えていることは周知の事実である。
だがこのことが今後どのような事態をもたらすのか、われわれ下々の者には皆目見当がつかない。
同様に、果てしなく赤字を垂れ流しているドル通貨体制が今後どのように推移していくのか・・・・。
王様が裸であることは誰もが知っている。
だが、誰かがそれを言ったとき王様に貸し込んでいる人々(トップスリーは日本、中国、韓国)はどうなるのか・・・?
ドルの信用を支えているのはこの底知れぬ恐怖なのである。

GMの危機に対するTOYOTAの反応は一企業の問題をこえたアメリカ経済にたいする深刻な不安感から出ているに違いない。
これは世界中が抱いている不安に通底しているのである。
[PR]
by nhsmt | 2005-06-20 18:48

ミステーク

過日「田中宇の国際ニュース解説」を面白いサイトなどと書いてしまったが、
よく読んでみるととんでもない間違いだと気付いた。
ネット上で発信されている世界中の情報をかいつまんで紹介しくれるのは、
語学能力の欠落した当方などにはおおいにありがたいのではあるが、
その分析の視点たるやあまりにナイーブで根拠の無い思い込みを前提にしており、
これはいけません。
当方の思い込みはコレから徐々に開陳する。
[PR]
by nhsmt | 2005-06-19 03:02

吉本隆明

コンビニで雑誌を立ち読みしていたら、
「現在の目標」というお題でいろんな人が書いている中に吉本さんがいた。
ばななさんのお父さんだ。
われわれ団塊世代にとって吉本さんは特別な思想家であったのだ。
その吉本さんが「近くのコンビニまで歩いてキャラメルを買いに行くのが現在の切なる目標だ」とおっしゃっている。
何のてらいもなく、ただそれだけを淡々と・・・。
僕は吉本信者ではなかったけれど、
このところの吉本じいさんがとっても好きだ。
死をくぐり抜けて魂が命そのものとなったとき、
言葉はその否定的な要素をかなぐり捨てて全ったき肯定へと至るのだろうか?
砂漠の中で無限にふかいラピスラズリの碧のように。

西方の愛の戦士よ、元気をお出し!
[PR]
by nhsmt | 2005-06-10 18:37

ネットはすごい

おもしろいサイトを見つけた。
「田中宇の国際ニュース解説」http://tanakanews.com/
[PR]
by nhsmt | 2005-06-10 03:48