<   2005年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新緑

ああ、僕の大好きな季節がやって来た。
わが事務所から見える新緑に彩られた奥多摩の山々は本当に美しい。
この季節、どこの山だって森だってみんな美しいに決まっている。
ふくよかで柔らかくて生き生きしていて赤ん坊のおしりのようだ。
思いっきり息を吸うと赤ちゃんのにおいがする。
嬰児(みどりご)というのはここからきたのか(たぶん違うだろう)。

西行は「はなのもとにてわれ死なん」などと詠んでいるが、
僕は新緑のほうがすきだ。
それに畳の上だろうが花の下だろうが死ぬのはどこだっておなじだ。

昨日は久しぶりに病院へ行った。
最近疲れやすいのと、寝汗をかいたり微熱がでたりで胸騒ぎがしていたのだ。
胸騒ぎというのは、わが家系の男どもはほとんど皆結核で亡くなっており、
遺伝的に呼吸器が弱いという思いこみがあり、
調子が悪くなると胸のどこかでざわざわと音がする様な気がするのだ。

お気に入りの医者がいるのでそこへでかけてみた。
この医者、しゃべりが軽妙洒脱で話していて面白いのだ。
あなたの体でなにが起こっているのか診てみましょうなどといって、
レントゲンや血液、尿などの検査結果を見ながら、
あちこち聴診器をあてたりたたいたり。
「ん、なにも起こってませんな!」ときた。
あげく、絶好調を100とすると今はどの位ですかと聞いてくる。
こやつ、人を老人性ウツにしようとしているなと感づいたが、
思わず50ぐらいかなとこたえてしまった。
そりゃあ相当落ち込んでますななどといいつつもう処方箋を書いている。
薬はきらいだから呑まないよというと、
じゃあ漢方のいい薬があるからそれでなどどいって薬をどっさり押しつけられたのだった。
どうせ呑まないからいいやと思いつつ会計で待っていると、
看護婦が先生がもう一度来てくれと言っていると呼びに来た。
行ってみると、「いやあ見落としてました。やっぱり何か起こってますな。あなたの言ってたのが正しいかもしれん。」だと。
血沈の値がちょっと高いらしい。
抗生物質を追加してもらった。
これだけを呑んで一週間後にもう一度診てもらう事にしよう。
[PR]
by nhsmt | 2005-04-23 13:13

労働

ヘロヘロになって家までたどりついた。
一風呂あびて飲んだビールはふつうに旨かった。
まだ少々労働が不足していたようではある。

昨日の市場は、
怠け者の代名詞のTといつもの女史をくわえて平均年齢五十ン才のロートルばかり総勢5名。
おまけにどうしたわけか北海道からの来客などあり、送りの荷物が相当量発生。
ついでに、私も含めて老人力の証か、何から何まで間違いだらけ、
高札ありだの、落札者不明だの、ついにはン万円の品物行方不明などなど・・・・。
そりゃもう枯れ木も山の大騒ぎサ!
見かねたのか、いつの間にかオコリンボのKさんと伝説の男Yさんがだまって札改めをやってくれていた。

だが終わってみればすべて一件落着、仕事は意外とスムーズに片付いてしまった。
Tも黙々と良く働いていたからびっくりだ。
ボスは長台の上に仰向けになったまま例の「疲れた!」を連発。

そこを一陣の心地よい風が吹き抜けたのを感じたのは僕だけか?

まだ学生だったころ、土方のアルバイトをやっていた時期がある。
あまりの非力をプロの土方にからかわれながらも、シャベルとつるはしでなんとか使い物になる穴を掘れるようにはなったのだ。

真夏の炎天下、タオルを頭に巻いて穴を掘っていた時、
ふいに意識がスーとなくなって・・・、
ふっと目を開けたら木陰で友人が僕の顔を覗き込んでいた。
その間おそらく一分あまり。
何たる愉悦、何たる快感。

これを覚たる意識下に行えばそれを「涅槃」とか「ニルヴァーナ」とか人はいうのであろう。
苦しい出家修行やLSDなどを用いる必要などないのだ。
死ぬほど働けば人は「涅槃」に至ることができる。
死ぬほど働いて本当にに死ぬ時がきたらかならず至上の愉悦がやってくる。
だが決して気を失ってはならないのだ。
運良く生還できるととめどなく喜悦の涙があふれてくると人から聞いたことがある。

ワーカーホリックが発生する一つの要素がここにある。
働いていないと不安になると言う側面ばかりが強調されるが、
確かに働くことの愉悦と言うものも存在するのである。

労働に潜むこの神秘主義的しかけをうまく利用し、
民衆の熱狂へと組織したのがプロテスタンティズムなのだ。
教会と出家主義の堕落を激しく批判する精神が
在家主義の熱狂へと組織されていくその宗教運動としての中心には労働の神秘化が存在する。
労働の神秘化がさらに飛躍して現世利益の賞賛となり、
ついには富が更なる富を産むという資本主義の自己運動へと発展したのではあった。
たしかにむちゃくちゃな飛躍である。

労働はくせになる。
働きすぎにはご注意を!
スローライフでいきましょう。
怠け者が勤勉になるのも不可能だが、
ワーカーホリックがエピキュリアンを理解するのもなかなか難しいのである。
僕もここ四年ばかり休むことなく働いている。
[PR]
by nhsmt | 2005-04-17 18:00

オーマイゴッド!

4時すぎ、市場からかへる青梅線の中での光景。
三歳くらいの女の子を連れた若い母親とおぼしき女が私の斜め前に座った。
電車が動き出すと女の子はすぐに、ぎゃあぎゃあと母親に向かって泣きわめき始める。
だが、この女たるや全く意にかいせず、ずーっとケイタイをつづけていた。
二つ目の駅を通り過ぎた頃、その隣に座っていた私と同い年くらいの中年の女性、じっと文庫本を読んでいたがスッと立って前の車両へ行ってしまった。
四つ目の駅でこの親子は下車したが、
降りるやいなや、この女はこの子の頭を激しくひっぱたいたのである。

神よ、すべての弱きものをゆるしたまへ!
[PR]
by nhsmt | 2005-04-14 18:51

花見

久しぶりに「花見」にでかける。
ウィークデーの昼下がり、市場で入札を早めに済ませ大学時代からの友人をさそって、
まずは浅草の神谷バーで生ビールを一杯やってから、
言問橋をわたり吾妻橋まで歩いた。

神谷バーは昼間からご老人たちで一杯だ。
これでデキシーランドでも流れてきたらニューオリンズのジャズバーって雰囲気か?
昔、テレビでみたことがあった・・・。
やがて日本中が古き良き時代に沈潜する老人たちであふれるのもそう遠くはないのだろう。

桜の風景は昔も今もそしてこれからも変わることはないのだ。
両岸に立ち並ぶ青いビニールハウスは何の違和感もなくこの風景に溶け込んでいた。
春の陽気にほてり気味の頭に石川淳の「マルスの歌」がふと浮かんできた。

言問い団子と長命寺の桜もちをてみやげに帰宅。

新聞に村上龍の「半島を出よ」の広告発見!
早速アマゾンで発注する。
すでに、上下¥500-びきで古本が出ていたのにはびっくりだ。
村上龍にはいつも触発されてきた。
まだ読んでもいないのにいろいろと考える。
<日本にとっての9.11><天孫降臨=騎馬民族説のパロディ>などなど・・・。

世界の深いところで大きな地殻変動がすでに始まっている。
「歴史は繰り返す、だが一度目は悲劇として、二度目は喜劇としてそして三度目は茶番として・・」とマルクスはいった。
地震がいつどこで発生するかは誰にもわからない。
未来は予測不可能なものなのだ。
だが地殻の変動には必然性がある。
この「知」を可能にするにはできるだけ遠くへおのれの魂を飛翔させることだ。
「無限遠点」を意志することによって「今」に幽閉された魂を解放する。

蓄積されたエネルギーは必ず「暴力」として発露する。
そして「暴力」は「暴力」の連鎖を生み出してきた。
インターネットは歴史の反復が暴力の連鎖に帰結することを阻止できるだろうか・・・?

桜のせいでとんでもなく話が飛躍してしまった!
[PR]
by nhsmt | 2005-04-10 17:10